読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフログに最適な『モレスキン』を使いはじめて思うこと

文房具

皆さんは、ノートを上手に使えていますか?

私は昔から文房具が好きです。特にノートは50冊ほどストックがあり、家族からは「病気だ...。」と呆れられています。

しかし、たくさんのノートを集めているわりに、肝心の中身(書いた情報)については、うまく活用できていない気がしていました。

原因は分かっています。好きが高じて色々なノートを併用した結果、情報があちこちに散乱してしまうのです。

モレスキンに出会い『ノートは読み物』だと気づいた

f:id:tsukiko125:20170327001642j:plain

今まで、仕事、プライベート、タスク管理、日記、アイデアと、それぞれ分けていたノートを一冊にまとめることにしました。

大好きなノート類を1冊に絞るなんて、よっぽど愛着のわくものでなければ続きません。そこで、選んだのがモレスキンです。

ノートは読み返してこそ、書いた情報が活きてきます。保存性に優れ、何度でも読み返したくなるモレスキンは、ライフログにぴったりのノートなのです。

高級感と実用性を兼ね備えたモレスキンがユーザーの所有欲を満たしてくれる

ひとくちにモレスキンといっても、ポケットサイズ、ラージサイズ、カラフルなもの、スケジュール、お店や映画とコラボした限定商品など、様々なラインナップがあります。

私が選んだのは、黒いハードカバー・ポケットサイズ・方眼用紙のノートブック。

一見、革のようにも見える表紙は、オイルクロスでコーティングされた厚紙です。硬く、立ったまま書きやすいのはもちろん、革と比べて傷や汚れが目立ちません。

f:id:tsukiko125:20170327003618j:plain

この漆黒の美しい装丁。控えめながらしっかりとMOLESKINの刻印があり、高級ノートの威厳を感じさせます。

情報を一元化するにあたり、プライベートでも仕事でも、どんなシーンでも使えることが私のノートの必須条件になりました。仕事で使う以上、お客様の前でボロボロのノートを広げるわけにはいきません。

モレスキンはゴムバンドがついているので、鞄の中で開いてページがくしゃくしゃになることもなく、永く美しい状態を保てるのが嬉しい。

万年筆が使えないというデメリットもある

f:id:tsukiko125:20170327021616j:plain

万年筆で書くと裏抜けします。これは、文房具にこだわりを持つ者として、とても残念です。

しかし、急いでメモをとったり、思い付いたことをサクッと書きたい場面では、そもそもボールペンの方が使いやすい。モレスキンに万年筆は潔くあきらめました。

私はスケジュール管理にシステム手帳を使っているので、万年筆はそちらで存分に楽しむことにします。

ポケットサイズのノートには0.5mmのペンがよく合います。ジェットストリームの多機能ボールペンなら、モレスキンの紙質とインクの相性も◎

使えば使うほど『自分史』になるモレスキン

f:id:tsukiko125:20170327013554j:plain

モレスキンを使いはじめて1ヶ月ほど。ページはちょうど半分くらい使いました。

モレスキンに書くことが楽しくて、どんな小さなことでも記録しています。なので、ノート史上最高に使用ペースが早い。

思いついたことや出かけた場所、仕事のメモ、本の感想など。書いている1つ1つは大したものではありません。しかし、積み重なれば今の自分の思考そのものです。

そうやって、モレスキンが『自分史』になっていくことで、ますます愛着が湧いてきます。

モレスキンを使いはじめて思うこと』まとめ

どこへでも連れていきたくなり、何か書きたくなる。そんな魅力に溢れているモレスキン

できあがった自分史を保存することにも、優れた力を発揮します。

これから長い付き合いになると確信しているので、いつかモレスキンタワーをやりたい。

たくさんの自分歴史を積み上げる日が、今から楽しみです。

【ビジネストリップin秋田】都会に疲れたら秋田へ行こう

県外

県外に旅行はあまりしないのですが、秋田県には思い入れがあります。今年、初めて会社で出張した先が秋田県だったからです。

続きを読む

手帳ジプシーの私が最終的にたどり着いたのはシステム手帳だった

文房具

毎年新しい手帳を買う。でも、一度も年末まで使いきれたことがない。たぶん、そういう人は珍しくないんじゃないかと思います。

アナログの手帳という媒体が好きであればあるほど、文具に自分なりのこだわりがあるほど、既製品には限界があるんですよね。

続きを読む

26歳の初体験【初めて飛行機に乗った感想】

雑感

今どき飛行機に乗ったことがない人は珍しいと思いますが、初めて飛行機に乗った記念に感想を書きます。

これから飛行機に乗る人の参考になるように、国内線の乗り方もまとめました。

続きを読む

【3月14日まで】スタバの桜フレーバーで一足早い春を堪能してきました

愛知 外食レポ

中部国際空港、別名セントレアにはお食事処がたくさんあります。今回は搭乗まで時間がなかったこともあり、スタバで軽く済ませることに。

カフェよりバー、バーより居酒屋、居酒屋より焼き鳥かラーメンをガッツリ食べたいオヤジ女子。スタバの敷居をまたぐのは一年ぶりです。

続きを読む