【ビジネストリップin秋田】都会に疲れたら秋田へ行こう

県外に旅行はあまりしないのですが、秋田県には思い入れがあります。今年、初めて会社で出張した先が秋田県だったからです。

秋田県の人の人柄が穏やかで好き

秋田空港や街中のモニターで、県のPR動画コンテストの優秀作品が流れていました。これがまた、不思議な魅力にとりつかれるので、まずは観てください。

  都会に疲れたあなたへ 【秋田市プロモーションビデオコンテスト2016 入賞作品】 - YouTube 

私はたまたまコンビニの帰りに目にとまったんですが、雪の降る中、傘もささずにみいってしまいました。おでん冷めちゃった...。

YouTube秋田県公式ページで他の作品も観ることができます。

秋田県の人って、この動画の通りの印象です。もちろん、中には刺々しい人もいるんでしょうけれど。私が言葉を交わした人は、総じて穏やかで温かい人でした。

協調性があり言い争いを避ける

出張中受けたセミナーで、グループワークがありました。グループワークといえば愛知では意見と意見のぶつかりあい。みんな相手の腹を探り合いながら、しっかり『自己主張』してきます。

私の中でも、同業他社で同じくらいの地位の人達が集まるセミナーや講習は、かえって気が抜けない。舐められるわけにはいかないという思いがあります。

でも、秋田で受けたセミナーは終始穏やかな雰囲気で、机を並べたらみんな仲間だ~という感じ。分からないことは分かる人に協力してもらおう。っていう緩い塩梅でした。

これが県民性なのか、たまたま今回のグループの人達がそうだったのか、はたまたこれまでに地元で受けた講習が異質だったのかは分かりません。が、その場で、自分だけがすごく嫌なヤツに思えたことだけは間違いないです。

駅員のおじさん

f:id:tsukiko125:20170307213717j:plain

計3回の出張で、初めては新幹線でした。東海道新幹線からこまちに乗り継いで6時間ほど。正直かなり疲れました。

自分が泊まる予定のホテルはどこにあるのか、探して歩きまわるのは避けたい。新幹線の改札の窓口で駅員さんにホテルを訊ねると、親切にも地図を書いて説明して下さいました。

ホテルはと言えば、ただまっすぐ歩くだけだったんです。しかも5分弱で着く距離。それなのに嫌な顔ひとつせず丁寧に地図を書いてくれたのは、決して職務としてだけじゃないはず。東京駅で冷たくあしらわれた分、余計に温かい気持ちになりました。

地図上とホテルの位置が左右逆だったのはご愛嬌(笑)

泊まったホテルは?

中通温泉こまちの湯 ドーミーイン秋田

www.hotespa.net

ビジネスホテルとは思えない、温泉が魅力のホテルです。ホテルスタッフの接客も好感が持てますし、朝食付きのプランにすればバイキング形式でご当地グルメが食べられます。

ドーミーイン秋田 朝食バイキング

f:id:tsukiko125:20170308005305j:plain

だまこ汁や稲庭うどんいぶりがっこ等、豊富なご当地メニュー。

また、21:30~24:00の間は、朝食と同じレストランでラーメンが無料で振る舞われます。昔ながらのあっさりした中華そばが夜食に嬉しい。

海の幸が美味しい

秋田県といえばきりたんぽ。も、良いのですが、日本海の新鮮な魚とお酒の組み合わせが、仕事で疲れた体に沁みます。私はやっぱりお刺身が好きだ。

関連ランキング:居酒屋 | 秋田駅

他にも、比内地鶏やはたはた、馬刺し等、秋田駅付近には郷土料理を食べられるお店が並んでいます。

東北といえば雪景色。津々と降り積もる雪に心が洗われる

f:id:tsukiko125:20170307234515j:plain

2月に行ったときは飛行機で、秋田市よりも空港付近のほうが雪深かったです。私の住んでいる地域は、年に1、2回しか積もらないので、家が埋もれそうなほどの雪景色は初めて見ました。(スキー場は除きます )

地元の人によると、一軒家の1階の窓が埋まって室内が真っ暗に。なんてことが、普通にあるんだそう。大変だ。

空港ほどではないものの、市内もそれなりに降っていました。向こうの雪は小さな粒がふわふわと舞うのスノーダスト。見ていると本当に心が洗われるようで、なぜか切ない気持ちになります。

f:id:tsukiko125:20170308002215j:plain
2月 朝7時の秋田駅近郊

まとめ『日々の生活に疲れたとき、また秋田県に行きたい』

秋田の地を初めて踏んだとき、いの一番に感じたのは、時間の流れが緩やかだなぁ。ということです。

もしかしたら、それは私がよそ者であり、完全なるお客様だから、自分と街が別の次元で存在しているような気分になったのかもしれません。

ただ、日々のあわただしさや都会の喧騒に疲れたとき、たぶん私はまた秋田に行きます。そういう癒しのある場所でした。

まあ、私の地元は都会ではないのですが...。

なんにせよ、次は普通に旅行して観光を楽しみたいです。特になまはげのお祭りと鶴の湯温泉にはぜひとも行ってみたい。

www.tsurunoyu.com

www.namahage.co.jp